FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
私の何が男たちを立たせるの?
金曜日、仕事先の飲み会。
2次会まで行ってフラフラと地下鉄に乗る。

少したったころ、右斜め前のおじさん(わりとダンディ)が
私をちょん、とつつき、
「座る?」と聞いてきた。

は?

雨がひどかったので、濡れてもいいように、だぼおおおんとしたワンピースをレイヤーで着ていた。
濡れてもいいように、スニーカー。

やばい。まただ。
たぶん妊婦に間違えられたのだ。

死ぬほど座りたいわけではなかったので、
「いえ、結構です」と丁重にお断り。恥ずかしくなった。

前は確かに同じような格好だったけど、術後間もなかったし、なにより腹帯をしていた。間違えられてもやや納得。
今日は、100%掛け値なしのお腹をさらして妊婦に間違えられたのである。

どうしたものか。

が、それだけでは終わらなかった。

ほんの数分後、今度は左斜め前の若いサラリーマン(結婚指輪つき)が、iPODのイヤホンを外し
「あの、よかったら代わりましょうか?」と聞いてきたのだ。

がああん。もうこれではただ一人の勘違いではなく、多くの男性が私を妊婦だと思うってことだ。

「大丈夫です、ありがとうございます」
「そうですか?」

・・・微妙な間。右斜め前のおじさんもたぶん聞いていただろうなあ。

しかし、途中の駅で、前の席に座っていたおやじ(ずっと寝ていた)が降りたので、いよいよ座ることになった。
優しく気がつく男性たちにはさまれて、恐縮。

奥さんが妊娠経験がないと気がつかないはずだよなあ。それで、この人は妊婦だと思ったんだろうなあ。

服装が悪かった+ウエストに緊張感がない。
反省なのだ。

まさか、ハラキリ女としてのオーラがそうさせたのか?

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←1位迷走中

banner
人気blogランキングへ

スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG