FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
二七日忌
二七日忌

ここ3週間ぐらいの動きは本当にノンストップな感じで、
おかげでペーパードライバーだから、と逃げている場合でもなく
「今、私が運転して行くしかない状況」の連続でした。
おかげで、最初の頃はどうやっても自分では入れられなかった我が家の車庫入れも、ペーパードライバー泣かせのゆるい傾斜や前の道路の往来にもめげることなく、できるようになりました。
5回に1回ぐらいは、結構いい感じに停められたりしますが、
5回に3回ぐらいは助手席側が空きすぎて、そちら側から玄関に入った方が楽、という実力です。
走行距離はいまだに200キロ未満です。

住民票も結局移し、いろいろ手続きを進めています。
(久しぶりに岐阜市民に)

やることがたくさんあって、本当にそれで忘れてしまうけど、
ふともう少し、できたことがあったのでは、と思うと、落ち込み涙が出てきます。

ことに、少ない年金なのに、振り込まれた年金は公共料金や税金ぐらいにしか使われていませんでした。
もっと自分のために、使えばよかったのに。
がまんしなくても、よかったのに。

父の性格はわかっていたから私がもっと言ってあげるべきでした。
かかりつけ医によると、最後の入院も「娘の意向を聞いてくれ」と言ったとのこと。

それが生き様だったにせよ、ちょっとつらいです。
絶対口に出さないけど、愛情をたくさん与えてもらった気がします。
本当にありがとう、との言葉しか返せません。

今回のことで、納得できないこともあります。
病理解剖の結果、父の死因は肺ガンということでした。
その放射線治療をしたのはうちからごく近い、通称「県病院」。
しかし昔のように気軽に利用できる病院ではなく、先進医療を行う地域の拠点病院になっています。
そこで放射線を35回受けましたが、父は通いでした。
それが終わったらすぐ、かかりつけ医に「戻され」ました。
経過観察はしないということでした。

かかりつけ医はいわばなんでも見ます的な先生で、当然呼吸器系の専門医ではありません。
どんどん病状が悪化していったのに、治療らしい治療はなく、自宅の酸素療法だけ。
結局かかりつけ医の関係が深い、家からは10キロほど離れた病院に入院しました。
この病院では最初、「社会的入院になるかも」と相当警戒されていました(裏でナースの会話を聞いてしまった。苦笑)。
最初、「うちでは見るギリはない。本来なら県病院が見るべき患者」であり、入院のメドは2週間と言われました。もちろん転院先を探してくれるとのことでした。
結局、父はこの病院の内科医の予想をこえて、悪化しました。

県病院は「肺ガンの細胞を放射線でやっつける」治療をしてくれただけです。父という個人に向き合ってくれたわけではありません。ちなみにそこで昔咽頭ガンの放射線治療もしており、耳鼻科は最近まで経過観察に定期的に通っていました。
今の制度上、どうしようもないことかもしれません。
病院にとって社会的入院は困るのもわかります。

しかし、父のように「社会的入院」になりそうな患者でも、結局は末期ガンだったのであり、ギリギリまで自宅でがんばったために、入院してからはあっという間でした。
こういうガン患者もいるんです。
その分、近所の方や、介護のケアマネさんやヘルパーさんにはいろいろよくしてもらえました。だけど、元々介護が必要になったのは病気があったからであり、その面でのフォローは十分ではなかった気がします。

県病院は救急病院であり、もしかして、父がどうしてもつらくなり、救急車を呼んでいれば入院できたかもしれません。(そこに父の、最後まで自分でがんばりたいという意思があったわけですが)
そもそも「ガン末期だからこういう経過をたどり、急速に悪くなる可能性もある」と一言情報を伝えておいてもらえれば、と思います(まあ、観察しないんですからわからないのかもしれないのですが)。あまり父の通院に付き添ってあげられなかったので、今となっては、どうしようもないのですが(昔の人なので、あまり先生にいろいろ聞かない)

もしもあの病院だったら、クルマで駆けつけても5分、臨終に間に合ったかもとも思うのですが、今どんなに思っても仕方がないとあきらめるしかありません。

あれでよかったのか、と聞いても
写真の父はただ笑っているだけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG