「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
近所にこんな名所
ホンダさんちの敷地内に立つ巨大なクリスマスツリー。結構なインパクトです。
スポンサーサイト
page top
もどかしさ。
2度目の気管支内視鏡の検査で、なんとかガン細胞が見つかり、
父の肺ガンが確定した。

でも、細胞の種類までは特定できず、つまり肺ガンのどの種類なのかはわからず。
だからすごく、肩すかしな感じ。

私としてはそれを元にステージと、これから予想される症状なんかを聞こうと思ったのに、
結局なんとなくグレーのまま。
何度も話を聞いているせいか、最初のショックはなかったし、放射線治療でやる、という
方針を確認して、あとは放射線科に予約を入れて終了。

来週月曜日に放射線科に行くことになったけど、入稿の締切も重なっているので行けない。

1人で大丈夫だ、という父だが、最近寒いだけに、1人で自宅にいさせるのは心配なのだ。
(こういうところで親戚のつっこみが入るんだけど)
それでも3ヶ月毎の特集当番の山場(+年末年始)だから、やるしかないのだけど・・・。
page top
父と、代理人カードと、最終戦
退院の日、父と話をした。
体は「えらそう」(方言だよ)だが、まだまだ頭はしっかりしている。

なんと、父の口から「成年後見」という言葉もでてきた。

今、まさにその特集をやっているところなので、資料でもっていた「成年後見ノート」
を渡しておいた。これは成年後見人が参考にできるような、エンディングノートのようなもの。
新しい物を取り入れない人だと思ったけど、こういうことについてはちゃんと理解している。

で、はた迷惑な親戚の、下心?も感じていた。

任意後見まではしないまでも、とりあえず将来に備え、私が父の預貯金の管理をするために「代理人カード」を作ることに。
郵便局と地元の信用金庫に出向く。
父は悪用を恐れてキャッシュカードを作っていない。
代理人カードだけ作ることはできないそうで、まずは自分のカードを作る手続き。
だけど田舎だからか、代理人カードなんてつくる例がないみたいで、窓口もあたふた。
おまけに「お父様のキャッシュカードをお使いになるという方法も・・・」なんて2カ所とも言われてびっくり。
厳密には家族でも使ったらダメなのに。もともとキャッシュカードも作っていなかったので、それを作るところから始まって(きたら自分のカードは破棄するそう)、何枚も書く書類があって字が手がふるえてかけないから、結構大変だった。

んでもこの手続きができて、お金の管理はきっちりできるようになったので、一安心。
来週、検査結果を聞きにいくことに。

そして朝早く出発して甲府の最終戦。
終盤、なかなか見に来られなかったけど、来年はどうなっていることか。
page top
対戦相手
ポジション:いとこの旦那、うちの「本家」の主。血のつながりなし。
過去のプレー:私の手術の翌日現れ、いたわりの言葉もなく、場違いな主張を繰り返し周りをあきれさせる。
得意なプレースタイル:なにかというと「もうこっちにかえってこやあ」。父親の病状より何より、自分たちにあまり負担をかけてくれるな的視野に立つ。
(普通、病人に来させるんじゃなく、話がしたいっていう本人から出向くべきだろう)
次節対戦予定:12月3日7時ごろKO?

どーんみすいっ!
© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG