FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
世界遺産検定、そうくるか!
世界遺産検定の事務局からお手紙が来た。
なんでも「世界遺産検定が新しく生まれ変わります」

これまでブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、マイスターとあったのを
4級を新設して、3、2、1級、マイスターにするんだそうだ。(味気ない)

でも移行期間なので私(シルバー)が次に受けるべきゴールドを目指すための「中級(新1級)」はあと1回通常通りに実施するんだとか。
何が問題かというと、現状だと中級は地域別に分かれていて、5科目中2科目、80%とれてゴールド認定になっていたのだが、来年からは1科目(らしい)。
つまり、次回2科目受けて、仮に1科目しか受からないとすると、お金と労力の無駄になる。
(受験料、中級からやたら高い)

かといって、2科目受かる自信もないので、1年待って、再来年新たな制度で挑戦という手もあるけど、どうせ受験料が高いだろうし、結局地域別じゃないから、すべてをまんべんなく勉強しないといけない。
どうも中級は今年とりあえずたくさんの人に2科目受けさせようっていう戦略なんだろうな。

許せないのは自信があればいきなり2級から受けてもいいんだそうだ。これまでは「ブロンズを取った人だけ」受験できたのに。

ちなみに新設される4級は中学校社会科レベルなんだそうだ。それにあわせて既存のレベルは高校社会科レベル、大学入試レベル、大学講義レベルといきなり「学習指導要領」にあわせた「レベル」が設定された。
「学校で学ぶ社会科の学習も非常に有効」なんて、書いてある。
どうもこのあたり文科省のニオイがプンプン?
なんとか裾野をひろげて受験者を増やそうという戦略がみえみえ。

なんだかな~である。
すっかり商魂たくましい戦略に乗せられた感もある。
たぶん中級がたった2回で廃止になるのは地域別だと対費用効果が悪いのに気がついたんだろうな(たくさんうける人がいない地域がどうしてもある)。

別に旅行業界にいないかぎり、役立つものでもないからどうしようかな~
スポンサーサイト



© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG