FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
「聞き逃げ」
昔は(一応今でもあるけど)自分のホームページで。
今はブログやコミュニティで。

「教えて下さい」「どうすればいいですか」の質問。
共通しているのは、過去ログや、その他こちらのお願いなど、ちゃんと読んでいないのに、ここなら教えてもらえそう、と見つけるやいなや一方的に質問してくること。調べれば分かることなのに、なぜか最初から聞く人も多い。

そして何より腹が立つのは、その後とくにリアクションもなく、お礼もないこと。
顔が見えないからいいらしい。

中国映画や旅行、サッカー、最近は病気ネタ。
文面から「こいつも聞き逃げか」と思うようなのは最初から無視。
もちろん読んでわからないこともあるだろうから、そういう質問には答えている。あえて厳しくするときもある。

例えばこんなのがあった。

「卒論で中国映画について取り上げるのですが、『第五世代監督』について教えて下さい」

アホか。卒論書く以前の問題だ!
イライラしながらも、若い芽を摘んではいけないと思って、
「私が答えなくても、少し資料を調べればいくらでも載っていることです。むしろそれを調べるのが卒論なのではないでしょうか?」
反応なし。本当に卒論にしたのだろうか?

「グアダラハラ(メキシコ)に一人で行くのですが、大丈夫でしょうか?」

心配になって、女性一人旅の注意などをメールに書いてあげた。
が、帰国(しただろう)後も一切報告なし。
こうしてまた私は裏切られ、これからはこの手の質問に答えるもんか、と思う。

この前も大腸がんのコミュで「はじめまして」はむやみにたてないでください、と注意書きをしているにもかかわらず、「はじめまして」とトピをたてた人がいたので、「トピをたてるなら具体的な質問にしてください、そうした内容ならこんなトピもあるので、まずそこを読んで、改めて質問があれば書いて下さい」、と私にしては親切にガイドしたのだが、その後「すみませんでした」はあったのに、その人からアクションなし。
誰かにアドバイスして欲しかったんじゃなかったの?決して質問を拒否しているのではないのに、真意は伝わらないらしい。

とりあえず質問すれば誰か親切な人が答えてくれると思うんだろう。現にmixiなどではちゃんと親切な人が何度も繰り返されている質問にも答えてあげたりしている。
人に物を聞くことのマナーを知らない人には、経験から後でがっかり、というパターンが多いからこちらは沈黙するばかりなのに、素直にエライ、と思う。

私はうるさいおばちゃんといわれようが、不親切だと思われようが、そういった「聞き逃げ」には厳しくいくつもり。
でないと、がっかりして、イライラして、こっちの免疫力が下がるから。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走ちう

banner
人気blogランキングへ

スポンサーサイト



© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG