FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
トイレは大事な「お客様サービス」
今日は取材で渋谷の電力館に出かけた。
3階が女性向けのフロアーにリニューアルするそうな。

いろいろワクワクするような「仕掛け」があるのだが、中でもトイレにはうるさい私が食いついたのが、自慢のパウダールーム。

個室は3つ、赤い内装がモダンである。便器は一体型のINAXのサニティスというシャワートイレの最新モデル。
「機種は何番だ?」と、好奇心満々でつい覗いてしまうと、センサーが察知して便器のフタが開いた。うろたえる。
同時に、音楽が聞こえてきた。うぬぬ。ショパンのノクターンじゃん。
隣の個室も覗いてみる。またフタが開く。そして音楽が。曲名は忘れたが、違う曲。
ならばと残った1つも覗いてみる。またフタが開いた。曲は・・・違う曲だ。

なんとこじゃれた仕掛けなのじゃ!

うれしくなって広報の方と、施行会社の方担当者に
「個室にはいると音楽が別々に流れるんですね?」と確認すると、
「ええ?初めて知りました」という答だった。ちなみに2人とも男性。
トイレに音楽を流すという発想自体がないのかもしれない。

このフロアーは女性がデザインしていて、その人にお話を聞いた。
そもそもトイレはここまでする予定ではなかったらしいが、その重要性を主張し、採用されたそう。結局、授乳室やフィッティングルームもついたスペースになった。

「トイレだけでも利用したくなりますよね♪」といったのは、本音だ。
リニューアルオープンは来月末の予定。

さて、帰ってきて、メールを開くと先日送った「一網打尽大作戦」の回答が送られてきていた。

***イトーヨーカドー様***
ご丁寧に設置店の情報をエクセルにしていただきまして、ありがとうございます。
「ぜひご利用下さい」とあったので、利用させていただきます。

排便障害でさすらいのウォシュレットハンターになってから、トイレひとつで企業・店の考え方が感じられるようになってきた。
例えばおしゃれな某外資系のカフェにはほぼ間違いなくウォシュレットがない(一見ムダだからね)。逆に超庶民的な居酒屋にあったりする。

なかなか面白いのだ。

スポンサーサイト



© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG