FC2ブログ
「ハラキリ女」の岩茶です。引っ越しました。ハラキリ&ガンとの闘病もすっかり昔話。日々楽しく、のびやかに。
page top
身近にあった悲恋物語
正月恒例の親戚宅へのおよばれ。それはかなり憂鬱なお務めだ。

一昨年は退院直後だったので帰省しなかったし、去年はお腹の調子が悪いから、とパスしたために3年ぶりとなった。
憂鬱になるのは、いろんな理由があるのだが、今年もやっぱり、近所の人の話、昔の家族の話になった。キタキタ・・・これもその理由のひとつ。
名前を言われてもピンとこない人の話を延々とされても、オモロイはずがない。(イナカでは苗字でなく、名前で言った方が誰だかわかるらしい)

いつの間にか、秀才だったらしい「和子さん」の話になった。
「和子さんって誰?」

和子さんは父の姉、つまり私のおばさんにあたるそう。若いころに亡くなっているので、私は写真ですら見たことがない。名前も墓碑銘で見た記憶がある程度。
「1枚、髪をきれいにして晴れ着で、写真館で撮った写真があるよ。あそこの○○さんが彼氏でね、帰ってきたら結婚するはずだったもんで」
へええ。
写真は婚約者の○○さんが出征する前に、2人で撮ったものだそうだ。和子さんは16歳。

が、運命は和子さんに無情だった。和子さんは病気で死んでしまう。
戦争が終わって○○さんは帰ってきて初めて亡くなったことを知る。
「せめてお仏壇にお参りさせてほしい」と仏壇に長い間手を合わせていったそうだ。

2人を引き裂いたのが戦争という時代、そして病気と死・・・セカチューも真っ青、純愛悲恋物語。

ぐぐ、ドラマだ。

ちなみに○○さんは、近所にご健在。あのおじいさんにも悲しい青春あり。
悲恋とは無縁のような、うちの一家にもこんな話があったのだな。
つまり、こういう話は戦争中、はいて捨てるほどあったのだと思うと、暗い気持ちになった。

写真を見たいと思ったが、物置の奥深くにあるというので、また今度用意しておく、ということになった。
そのときにでももっと詳しい話を聞いてみよう。
イトコも「今度は録音できるやつ、もってこやあ」なんて言っていた。

・・・あれ?初めて来年もこようか、という気になったぞ。
スポンサーサイト



© 岩茶いかがですか?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG